「原因の徹底究明と解決」あなたの歯はきちんと診てもらっていますか?【築地の歯科医院】

ナカヤマデンタルオフィス 成人総合歯科

〒104-0045 東京都中央区築地7−10−2
 築地駅4分 新富町駅5分 勝どき駅8分

診療時間
10:00~13:00/14:30~19:00
※土曜日は10:00~14:00
休診日:木曜午前、日曜、祝祭日

予約・問い合わせはこちらへ

03-3545-8274

当院の歯列矯正

歯を抜かない「非抜歯矯正」

なぜ、歯を抜かない方が良いのでしょう?

それは、通常の矯正治療では抜歯する第1小臼歯(犬歯の後ろの歯,前から4番目の歯)には非常に大きな働きがあるからです。

オーストリア、ウィーン大学のスラビチェック教授によって、第1小臼歯は正しい顎の位置のガイド役をしており、顎関節を守っているということが分かったからです。
一般に「抜かないと歯列矯正出来ません」と言う矯正医は多いようです。しかし当院では、小臼歯の抜歯はありえません(ただし、親知らずは抜歯する場合があります)。

従来の歯並びを治すだけのものではなく、顎の関節や機能を考慮した矯正法で、顎機能検査を含めた総合診断後に処置に入ります。

 

歯ぎしりをしても壊れない噛み合わせ

当院では、「歯並びが綺麗になること」と「物をしっかり噛んで食べられること」は、矯正治療のゴールとして当たり前のことだと考えています。

当院が掲げる真の目標は「歯ぎしりのような大きな力がかかったとき、歯や顎が壊れてしまわないようにすること」です。
歯ぎしりは、ストレスから身体を守ってくれる生体防御ということが分かっていますが、強大な力で歯や歯ぐきや骨、関節や筋肉が壊れてしまうことがあります。歯ぎしりが安心してできる噛み合わせにするのが当院の矯正治療です(決して歯ぎしりの音が大きくなる訳ではありません)。

 

多種多様なケースに対応ができます

当院では、さまざまな種類の素材、装置を使用した治療を行っています。マルチループ(MEAW)、目立ちにくい白色のワイヤー、矯正用のインプラント、ジルコニアブラケットなど、お口の状態を見つつ多種多様なケースに対応しています。
現在は、持続的にゆるやかな力をかけられる上、何度も曲げ伸ばしができるという金属「GUMMETAL:ゴムメタル」を積極的に採用し、不快感は少なく、治療期間はさらに短くすることが可能です。

症例写真(当院での実際の症例)

歯列矯正ケース①

術前

難しい矯正であるHigh angle class II ケース。下顎が後退し顎関節にも機能障害がありました。

術後

抜歯や手術なしで下顎が前方適応し、見た目はもちろん、機能障害も大幅に改善されています。

 

抜歯や手術なしで下顎が前方適応し、見た目はもちろん、機能障害も大幅に改善されています。

歯列矯正ケース②

術前

下顎が前に出過ぎており、入院して顎の骨を切り取る予定だったケースです。

術後

手術せず矯正治療のみで問題解決ができました。

 

問い合わせ・予約はこちら

お電話での問い合わせはこちら

03-3545-8274

診療時間:10:00~13:00/14:30~19:00
※土曜日は10:00~14:00

休診日:木曜午前、日曜、祝祭日
※ 木曜、土曜は学会参加等で休診する場合があります。

診療時間

診療日
 
午前 × ×
午後 × ×
診療時間

10:00~13:00/14:30~19:00

△:土曜日は10:00~14:00まで

休診日

木曜午前、日曜、祝祭日

予約・問い合わせ

予約、問い合わせはこちらまで

03-3545-8274

アクセス

03-3545-8274
住所

104-0045
東京都中央区築地7−10−2

築地駅4分 新富町駅5分 勝どき駅8分